セキュリティコード認証

セキュリティコード認証とは、クレジット決済時に、クレジットカード番号+セキュリティコードを入力することで、不正利用を防止する仕組みです。
セキュリティコードとはクレジットカードの裏面に印字されている3桁ないし4桁の番号で、クレジットカード番号と違いカード内に磁気情報として記録されていません。そのため、磁気情報を盗むスキミングで、クレジットカードが不正利用されることを防止できます。

セキュリティコードに対応

セキュリティコードとは、不正使用防止のために利用されるインターネット上の本人認証技術で、VISA、Master、JCB、Dinersブランドの場合、カード裏面証明欄右上の右端3桁の番号。AMEXブランドの場合、カード表面に浮き彫りされたカード番号の右上に印字された4桁の番号を指します。
購入者がカード情報を登録する際に、セキュリティコードを登録しカード会社が直接確認・認証することで、第三者カード不正使用を防止する仕組みです。3Dセキュアと比較すると、対応しているカード会社の割合が高いのが特徴です。

カード券面 サンプル
(VISA、Master、JCB、Dinersブランドの場合)

カード券面 サンプル(VISA、Master、JCB、Dinersブランドの場合)

カード券面 サンプル
(AMEXブランドの場合)

カード券面 サンプル(AMEXブランドの場合)

メリット

クレジットカード会社が、カード会員の本人認証を行うため、他人のなりすましを防ぐことができ、貴社はチャージバックのリスクを軽減できます。

※画面連携方式、データ連携方式のみでご利用が可能です。継続課金ではご利用できません。

しくみ

しくみ

※3Dセキュアとセキュリティコードは併用してご利用いただけます。なお、3Dセキュアとセキュリティコードの利用が貴社に義務付けられる可能性があります。

業務効率がアップする便利なオプションサービス

決済ステーションでご利用可能な決済手段

  • クレジットカード決済
  • コンビニエンスストア(払込票)決済
  • コンビニエンスストア(受付番号)決済
  • 銀行振込決済
  • ペイジー決済
  • ゆうちょ振替決済
  • 電子マネー決済

「クレジットカード決済」へ戻る

「決済ステーション」のよくあるご質問を見る

導入までをしっかりサポートいたします。アフターサービスもバッチリ!!安心して導入いただけます。

新規お申込み・見積り依頼

お悩みの方へ、まずはお気軽にご相談ください。

メールでのご相談・資料請求

  • 決済ステーション クレジットカード決済・コンビニ決済等 複数の決済手段をまとめて管理
  • 新規お申込み・見積り依頼
  • 開発ご担当者様向けご案内
  • サービス全体の概要図
  • 資料ダウンロード
サービスについて