クレジットカード情報の非保持化

2018年3月までに「クレジットカード情報の非保持化」または「PCI DSS準拠」の対応が必要!

なぜクレジットカード情報の非保持化の対応が必要となるのか

国際水準のクレジット取引のセキュリティ環境を整備するため、経済産業省や業界団体、国際カードブランド、国内カード会社、大手通販事業者などが委員として参加する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が、クレジットカード情報の非保持化の推進を盛り込んだ安全対策を強化する方針「実行計画」を策定しました。(2016年に割賦販売法が改正され、「実行計画」は実務指針となり得るもの。)

「実行計画」では、クレジットカードを利用する加盟店に対し、2018年3月までに「クレジットカード情報の非保持化」または「PCI DSS準拠」を完了することを要請しています。

クレジットカード情報の「非保持化」とは

クレジットカード情報の非保持化とは、「自社で保有する機器・ネットワークにおいて『カード情報』を『保存』、『処理』、『通過』しないこと」をいいます。

非処理、非保存、非通過

メールや電話、その他媒体経由の非対面取引をしている先について、電話・FAX・はがき等でカード決済をする場合、紙媒体等で保存するのみの場合には非保持となります。

SMBCファイナンスサービスが提供する非保持化に対応した各種サービス

受付チャネル別 非保持化による決済運用例

受付チャネル別 非保持化による決済運用例

※クレジットカード情報を申込書等の紙媒体や電話にて受付けている運用についても、ご相談下さい。

「HOME」へ戻る

よくあるご質問を見る

導入までをしっかりサポートいたします。アフターサービスもバッチリ!!安心して導入いただけます。

新規お申込み・見積り依頼

お悩みの方へ、まずはお気軽にご相談ください。

メールでのご相談・資料請求